高知東部でスクリブる(scribble):ピアノはじめました

2015初夏に住み慣れた東京・阿佐ヶ谷を離れ、高知東部に引っ越して来ました。 日々感じた事など、書き散らしていきます。 旧ブログ名:阿佐ヶ谷カウントダウン

2016年01月

普段から飲んでいるけど、実は、ブラックコーヒーやエスプレッソが苦手です。
だって、苦いんだもん。
結構こういう人、いるんじゃないかな。

高知に引越すにあたり、これまでのような飲酒生活(思いっきり飲んでも電車で帰れる)は見込めないわ、と考え、新しい趣味の飲み物として、コーヒーの勉強をしようと思ったんですよね。
豆による味の個性とか、色々な淹れ方とか、面白そうだなあと。
勉強して愛着を持って、コーヒーの深みにハマるのも、また一興かなって。
スタバが開催するセミナーにも行ってみました。楽しかった!
でも、「このコーヒーはバランスが良く・・・」「これ、奥からベリーの香りを感じませんか?・・・」と言われて、その時はなるほど~と感じ入っても、自宅で自分で淹れてみて思うのは、やっぱり苦い(^^;
「これは飲みやすい!苦くない!」
というコーヒーに出会ったことも何度かありますが、それが本当に旨味ある美味しいコーヒーなのか、単に薄いコーヒーなのか、自信が持てません。

だからって、カフェオレやカフェラテに逃げるのは、なんか負けた気がする・・・←飲みますけどね!


というわけで、四万十町に用事があった日、めちゃめちゃコーヒーにこだわった老舗の専門店があるというので、行ってみることにしました。

IMG_1793

“淳”さんです。マスターのお名前なのかしら。続きを読む

去年の初夏、高知に始発の飛行機で到着して、現旦那に迎えに来てもらったとき。
せっかくだから、モーニングを食べたいとリクエスト。
高知の喫茶店は、まるでファミレスばりにメニューが発達していて、モーニングもボリュームたっぷりだと聞いていたからです。

向かったのはこちら、空港から車で5分くらいかな?
ビストロ・セルフィーユさんです。

IMG_1113

IMG_1114

ほどよくカジュアルで清潔感のある外観。
駐車スペースも広々としています。
周りは田畑ばかりでのほほんとしていますが、結構混んでいるのは、入りやすそうだからかな。

店内も広々。

続きを読む

去年の夏、旦那と一緒に“かるぽーと”にコンサートに行ったのですが、その前に腹ごしらえしたくなり、サッと食べて出られるとなれば麺類だよね、ということで周辺のお店を探してみましたら。

東京の大勝軒(永福町)で修行した方が開いたラーメン屋さんがあるというではないですか!
はりまや橋から歩いて5分くらい、宮本屋さんです。

IMG_1131

店の周りには、ラーメン好きそうな若い子がわらわら(食べ終わってたむろってたのかな?)。
いい匂いも漂っているし、入ってみることにしました。

続きを読む

以前の阿佐ヶ谷中華記事でも書かせていただきましたが、
おしゃれで美味しい中華料理の店が多い阿佐ヶ谷。
中でもとりわけ異空間なのが、駅の南西方面の路地にある豚八戒さんです。

小さなお店で、1階に6人、2階(要予約)に4人も入ればもう満席。
近所だったというのに、ここ数年は満席でなかなか入れず。何度アタックしては玉砕したことか・・・。
空いてるー!ラッキー♪と思ってガラッと戸を開けたら、
「もう餃子は無いんです・・・」
と店主さんに申し訳なさそうに言われたこともありました。

そう、みんな、この絶品餃子を食べに来るんです!!

IMG_1842


続きを読む

前の同僚が、サッカー観戦が好きで、ポルトガルに行った時、
サッカーよりも料理に感動感激して帰って来ました!!
海洋国家だし、日本料理のルーツの部分もあり、スペイン料理以上に舌に馴染みが良かったそうです。

で、都内で美味しいポルトガル料理を探しまくり・・・
「ここはもう!!」と太鼓判で薦めてくれたのが、代々木八幡の『クリスチアノ』
一品あたりのボリュームが多いので、出来れば4人くらいで行って沢山種類を楽しむのが良い、とのことでしたが、4人席の予約がなかなか取れない・・・
挑戦すること3・4回目にして、ようやく行けたときの写真です。

IMG_0931

真っ赤な看板が、まずかわいい!続きを読む

高知に来て、残念なこと・・・
近場にお蕎麦屋さんが全然ないことへのボヤキはさんざん書きましたが、
エスニック料理店も少ないのです~。

気候的には最高に合うと思うんだけどなあ、高知とエスニック。

東南アジア系もさることながら、私は中近東や東ヨーロッパ、地中海系の料理も大好き。
シンプルな味付けで野菜たっぷり、トマトとか多用するから見た目も鮮やかで、食べ飽きません。

トルコ料理だと、特に阿佐ヶ谷のイズミルにはちょくちょくお世話になりました。

IMG_0924

この前菜の盛り合わせと、奥に見える手焼きのパン・エキメキが、好きで好きで!!
続きを読む

先日、手打ち蕎麦の体験教室に行ってみた記事を書きましたが、やっぱり蕎麦が打てるってカッコイイと思うのです。
手打ち蕎麦やうどん屋さんで、職人さん自らデモンストレーターとしてワシワシ(粉をまとめている)、ふみふみ(うどんを踏んでいる)、トントン(麺を切っている)している作業をあえて見せているお店も多いですが、ついつい見入っちゃいます。そして食べたくなる。

阿佐ヶ谷の北口を少し行ったところにも、蕎麦を打つ部屋をあえて見せる造りのお店があります。
手打ち 達吉』というお店です。
打っているところは見たことないんですが(^_^;<開店前に通れば見れるのかな?、道具が整然と並べられた清潔な“打ち部屋”(と言うんだろうか)って、「あ、ここはお蕎麦が心底好きなんだな」って思えますよね。

IMG_0846

続きを読む

↑このページのトップヘ