高知県安芸市から安田町以東に向かう時、かつては大山岬を海沿いに走らなければならなかったそうですが、去年の2月末に大山トンネルが開通してから、随分と楽になったと聞きました。
海沿いの開放的な景色を楽しみながらのドライブも好きですが、台風の時などは怖いですよね・・・。

でも、旧道沿いの道の駅・大山や、幾つかある飲食店にとっては、大打撃だったのではないかな、と心配になったり(余計なお世話ですが)。

赤と黒の、薩摩藩の家紋が描かれた看板が目立つ、ここ薩摩屋も、ずっと気になっていたお店なのでした。

IMG_2061


土佐と薩摩・・・。
明治維新後のそれぞれのパワーバランスを考えるに、果たしてこの二藩は仲が良いのか悪いのか(^^;
薩摩と長州ほどのライバル関係ではないかしら。
ちなみに私の先祖は薩摩出身なので(現在は鹿児島の本家とは何の繋がりもないです)、余計このお店が気になったのであります。

店内は、落ち着いた和風レストランかドライブインという雰囲気。
薩摩と名は冠していますが、郷土色を強く出しているわけではなく、安芸近郊で採れた野菜や文旦なんかも売ったりしていていました。 

IMG_2059

薩摩らしいのは、鹿児島産直の黒豚を使ったメニューが多いこと。
この日のサービスランチはひれかつ丼で、このボリュームで700円台だったような・・・(すみません;;)。

IMG_2058

ひれかつはふわりと口当たり柔らかく、小皿料理の煮物も優しい家庭的な味付け。
さらに一口コーヒーゼリーに、果物まで付いてくるというサービス精神。
近辺で働いている(とみた)おんちゃんやお兄ちゃん達が、押し寄せるわけです。
生姜焼き定食や照り焼き丼などを、美味しそうに頬張っていました。

朝9時開店で、モーニングもやっているみたいなので、東部ドライブの時にはぜひ頭に入れておきたいお店です!